邦 画

日本映画

「会社物語 / Memorie's of You」

1988new 1988(昭和63)年・松竹(ドラマ)・99分
お薦め度: ★★★★★ confident
監督: 市川準
出演: ハナ肇(課長、花岡始) 谷啓(課長、谷山啓) 植木等(東京商事警備員、上木原等) 犬塚弘(課長、犬山弘) 安田伸(課長、安井伸) 桜井センリ(課長、桜田千里) 石橋エータロー(脱サラ、ミュージシャン、石橋二郎) 西山由美(OL、由美) 木野花(OL、木村台子) あめくみちこ(OL) 小川菜摘(OL) 伊東四朗(小林常務) イッセー尾形(ベンチに座っている不思議なセールスマン) 四禮正明(早川一夫) すまけい(野口部長) 鈴木理江子(花岡玉枝)  馬渕晴子(由里の母) ジャイアント馬場(リンリンのタレント) 村松友視(バーの男、村松友視)  余貴美子ほか。

Photo_19 今回ご紹介する作品は、昭和の終わりに制作された「会社物語 / Memorie's of  You」。クレイジーキャッツのメンバー全員が揃った最後の作品です。この後、一人、二人とお亡くなりになりました。ジャイアント馬場もチョイ役(台詞なし)で出演しています。
Photo_9 「ハナ肇とクレイジーキャッツ」というと、ドタバタ喜劇を連想してしまいますが、この作品はちょっと違います。定年を間近に控えた、初老の男達の“夢とロマンと儚さ”を散りばめた逸作に仕上がっています。共演も、伊東四朗、すまけい、イッセー尾形、木野花、あめくみちこらの芸達者が華を添えております……。

Photo_2【解説】 定年を間近に控えたサラリーマンが、若い頃に情熱を傾けたジャズのコンサートを最後に開こうとする姿を描く。脚本・監督は「BU・SU」の市川準、共同脚本は鈴木聡、撮影は小野進がそれぞれ担当。この映画でハナ肇はブルーリボン賞主演男優賞、毎日映画コンクール男優主演賞を受賞し、日本アカデミー賞優秀主演男優賞のノミネートを受けた。また、Photo_20 ハナ肇とクレージーキャッツのメンバー7人が全員出演した最後の作品である。バンド仲間と有楽町のガード下の居酒屋で飲んだ後、千鳥足で帰路につく途中「今の日本は俺たちが作ったんだぞー」と叫ぶ植木等の姿が、現実社会の定年間際のサラリーマンと、芸能界でのクレージーキャッツの功績を重ね合わせているかのよう。

Photo_12【ものがたり】 花岡始(ハナ肇)は57歳。東京の商事会社で34年間真面目にコツコツと働き続けた万年課長だが、間もなく定年を迎えようとしていた。いまや仕事もさほど忙しくなく、若い部下達もあまり相手にしてくれない。家に帰れば家族間のトラブルが、ストレスの種。そんな花岡にとって唯一の心の安らぎは、愛らしく気立てのよい新入社員の職場の華、由美(西山由美)だけだった。彼女には若いエリートの恋人がいたが、プレイボーイの彼氏は常務の娘とも交際していた。

Photo_11 わざわざ花岡のために由美は、たった二人だけの送別会を開いてくれたのだが、部長たちの麻雀に誘われ、断れきれずに時が過ぎて行き、気が気ではない。やっとの事で由美に指定された喫茶店に到着。若者達が踊るディスコへ行き、楽しい時間はあっという間に終わり、由美のアパート近くまでタクシーで送って行くが、お土産に買った花を忘れたため、花岡は届けに戻ったところ、偶然にも由美と彼氏とのツーショットを目撃してしまい、ショックを受けてしまった。

Photo_6Photo_5 退職が近づいたある日、同僚(桜井センリ)がジャズ・バンド結成の話を持ってきた。若い頃に情熱を傾けたジャズ、有志を集めてコンサートをやろうというのだ。犬山(犬塚弘)、安井(安田伸)、桜田(桜井センリ)、谷山(谷啓)、上木原(植木等)とメンバーも揃い、会社の帰りにはメンバーとガード下の居酒屋やスナックなどで楽しくジャズの話題に 花を咲かせていく。花岡は練習に精を出して再び生活に張り合いを取り戻した。Photo_7Photo_8 そして12月25日にコンサートが始まったが、その時、花岡の家庭では息子がバットを振り回して暴れていたのだった。家からの電話で、花岡は演奏の途中で急遽家庭に戻り、息子を止めようとしてケガをしてしまう。しかし花岡は再び会社に戻って、コンサートを成功させる。演奏が終わり、汗みどろの花岡は満足感のなかで、「ありがとう……、みんなありがとう……」とつぶやくのだった。

Photo_10 退職の当日に花岡は、娘のように親しみを感じていた部下の由美を二股にかけて振り、出世のために常務の娘と結婚することになった生意気な若いエリートサラリーマンを横断歩道でぶっ飛ばし、新しい人生へと出発するのだった。

Web

 【花の女子社員達】

 現在は、「ダウンタウン」の浜田氏の奥さんになった小川菜摘も……。

_2Photo_17

Photo_18Photo_14Photo_15

| | コメント (1) | トラックバック (1)

「やじきた道中 -てれすこ-」

2007new 2007(平成19)年・松竹(時代劇/コメディ)・108分
お薦め度: ★★★★☆ happy01
監督: 平山秀幸

出演: 中村勘三郎 (弥次郎兵衛)  柄本明 (喜多八)  小泉今日子 (お喜乃)  ラサール石井 (梅八)  笑福亭松之助 (与兵衛)  淡路恵子 (おきん)  間寛平 (奉行)  松重豊 (地廻りの太十)  山本浩司 (地廻りの甚八)  吉川晃司 (沓脱清十郎)  鈴木蘭々 (清十郎の妻・菊)  星野亜希 (花魁・おちみ)  藤山直美 (お仙)  國村隼 (代貸)  笹野高史 (お喜乃の父・杢兵衛)  波乃久里子(遊郭「島崎」の女将) 麿赤児(遊郭「島崎」の客) ベンガル(漁師) 六平直政(宿泊客)  左右田一平(庄屋) 南方英二(かわら版屋)

Photo_2  今回は、時代劇。それも落語仕立てのコメディです。物語中、「三枚起請(さんまいきしょう)」、「狸賽(たぬさい)」といった古典落語のおいしいところが、散りばめられています。古いところですと、「幕末太陽傳」(1957)が、「居残り佐平次」という、友達と連れだって品川の遊郭に遊びに行き、金を払わず佐平次だけは居続けて、その店を手伝ううちに人気者になってしまう……、というコメディがありました。主演はフランキー堺、共演に石原裕次郎、小林旭、二谷英明、金子信雄、左幸子、南田洋子、芦川いずみら。

Photo_3【解説】 「東海道中膝栗毛」でお馴染みの、弥次さん、喜多さんの物語に、落語の人気演目「てれすこ」を取り入れた人情喜劇。花魁・お喜乃の手玉に取られた弥次さんが、喜多さんと三人でお喜乃の在所、沼津まで下る珍道中記。監督は、『愛を乞うひと』『OUT』の平山秀行。『しゃべれどもしゃべれども』でも、落語を素材にしていたが、「落語を取り入れた正統派の時代劇、王道の映画を作りたかった」とインタビューで語っている。主演は中村勘三郎、柄本明の芸達者な弥次・喜多コンビに、花魁役の小泉今日子。『転々』『空中庭園』などで、役者としての本領を発揮し始めた小泉今日子だが、本作の花魁では、べらんめぇ調を見事に使う(もしかして、これが素?)女優として見事に開花。勘三郎、柄本の二人に引けをとらない演技を見せている。

Photo_5Photo_7【あらすじ】 時は太平、江戸の街。かわら版屋(南方英二)が、大阪で“てれすこ”と呼ばれる不思議な生物が捕獲され、人々の話題を集めている、と人々を前にしていた。その頃、品川の遊郭「島崎」では、元は売れっ子花魁のお喜乃が、新粉細工職人の弥次さん(中村勘三郎)に、本物そっくりの小指を粉で作らせて、Photo_6「想いの深さを表す切り指」と偽り、 幇間の梅八(ラサール石井)から馴染み客に渡してもらい、“晴れて年季が明けたら、お前さまと一緒になります”という起請文を付け、馴染み客(麿赤児)らから金をせしめていた。そんな中、お喜乃は弥次郎兵衛に“沼津にいる病気の父に会いたい”と偽って、遊郭を脚抜けし、一緒に逃げて欲しいと涙ながらに頼むのであった……。

Photo_11Photo_13 【ものがたり】 天下太平の江戸時代。大阪の淀川で、心中しようと舟を出していた大店の女主人おきん(淡路恵子)と使用人の与兵衛(笑福亭松之助)の老人二人。あわや心中、という時に俄に渦を巻きだした水面……。びっくり仰天した二人は、心中どころではなくなってしまった。その頃、奇妙奇Photo_14 天烈な生き物が捕獲され、人々の話題を集めていた。奉行所では奇妙な生き 物を知っている者には報奨金として十両を与えられる、ということになり、心中者の片割れの与兵衛は金に目が眩み、奉行(間寛平)に向かい、“その生き物は「てれすこ」という物でございます”と、いい加減なことを言ったため、以後その奇妙な生き物は“てれすこ”という名が付けられた。

Photo_25Photo_26 その頃、江戸・品川の遊郭“島崎”では、元は売れっ子花魁・お喜乃(小泉今日子)が、新粉細工職人の弥次郎兵衛(中村勘三郎)に作らせた、偽の切り指を愛の証と、偽り客に贈って金をせしめていた。お喜乃はある日、弥次さんが自分に気があるのを良いことに、遊郭から連れ出してくれと無理難題を押しつける。丁度その時、部屋の外では弥次さんの幼なじみで売れない歌舞伎役者の喜多さんが、舞台での大失態を苦に首を吊ろうとしていた。

_3 喜多八は、「赤穂浪士」の序盤、“松の廊下”のくだりを演じていたとき、あやまって自分の長袴の裾を踏んでしまい、吉良上野介に斬り付けるところを、刺してしまった。観客は総立ちになって、滅茶苦茶な芝居にブーイングの嵐となってしまい、喜多八は最早、芝居役者として立ち行かなくなってしまった事を悲観しての覚悟の自殺であったのだが、そこはコメディ……、お約束の“綱が切れてしまい”ということで、助かってしまうのだ。喜多八は、もう一度上方で芝居をやり直すのだ、と決心する。

_9 思わぬ形で再会した弥次さんと喜多さんは、お喜乃の脚抜けを手助けすると、一緒に連れて行ってくれと頼む喜多八に“道中、絶対に酒は飲むなよ”と念を押し、承知する喜多八も連れ、追っ手を逃れて西へ西へと奇妙な3人旅に繰り出すのだった……。

Photo_16_2 宿泊した木賃宿で喜多八とお喜乃が風呂へ行き、人の良い弥次郎兵衛は、一人で部屋で飲んでいた。隣り合わせた浪人、沓脱清十郎(吉川晃司)とその内儀の菊(鈴木蘭々)と知り合うが、清十郎から酒を所望され、飲みかけの徳利を渡すと、どくろに酒を掛けるのだった。死んだ妻の回向だと、意気に感じた弥次郎兵衛は、なけなしの銭を清十郎に渡すのだっが、弥 次さんが隣の部屋に消えると、押し入れの中から死んだはずの菊が現 れ、“江戸の奴らを騙すのは訳ない”とほくそ笑んでいた。Photo_18その頃、風呂へ行ったはずの喜多八とお喜乃は、“てれすこ”の話題で宿泊客がごった返す板の間で、勧められた酒を飲み始めていた。宿泊客(六平直政)から勧められた酒を、始めは断っていたのだが、お喜乃に“だらしがないねぇ、酒くらい飲めなくてどうすんだよ!”と活を入れられ、とうとう禁酒を破って飲んでしまい、大騒ぎ……。怪我人は出す、調度品はぶっ壊す、ととんでもない事になってしまった。

_7_5 空きっ腹を抱えて三人の旅は続き、村の子供たちに捕獲されていた子狸を、子供らと弥次郎兵衛は“狸汁”にしようと河原で支度を始める。可哀想に思った喜多八とお喜乃は子狸を逃がしてやる。恩義を感じた子狸は、母狸から、“受けた恩は返さなければ、人間と同じだ”と言われと言い、喜多八たちの前に、人間の子供の格好をして恩返しに現れる。このあたりが、古典落語の「狸賽」なのである。博打場へ行き、賽子(さいころ)に化けた子狸を使って、大金を手に入れた。

 この博打場を仕切る親分(國村隼)、遊郭「島崎」の女将(波乃久里子)、遊郭の自身番太十(松重豊)、甚八(山本浩司)らが彩りを添えている。

Photo_19 お喜乃は、弥次郎兵衛に“本当は、父親は患っていない。子供の頃に売られてしまい、父親を憎んでいる”のだと打ち明ける。弥次郎兵衛も遊女のお喜乃に、数年前にコレラによって妻と一人息子を同時に失ってしまったことを語り出す。お喜乃は一人だけで沼津行きを決意し、二人を残し旅立つが、遊郭から追ってきた太十、甚八の二人に見つかってしまい、あわや囚われの身にという時に江戸から同じように追ってきた「島崎」の馴染み客らにも取り巻かれてしまった。だが、咄嗟の機転で馴染み客らを丸め込み、追っ手の二人を追い返してしまう。

Photo_20Photo_21 沼津の実家に先着したお喜乃は、折からの父親杢兵衛(笹野高史)の婚礼に出くわす。弥次郎兵衛と喜多八も後を追うが、お喜乃を連れ戻そうと追っている遊郭の自身番太十と甚八と間違た庄屋(左右田一平)や杢兵衛らは、“可哀想にお喜乃は、昨日底なし沼にはまって死んでしまいました”と嘘を言う。お喜乃の死骸が上がらないというので、悲しんだ弥次郎兵衛と喜多八は、その沼に出向き投網を打っていると、二つの骸骨がかかった。昨日死んだにしては怪しいと思いながらも廃寺で供養をする二人は、奥の扉から出てきたお喜乃に、驚くやら嬉しいやら……。

Photo_22Photo_23 一段落ついたところで、お喜乃を残し弥次郎兵衛と喜多八は沼津を後にする。途中の茶店で「“てれすこ”有ります」の旗を見つけた二人は、“てれすこ”を食べてみることにする。店の中から出てきた女将お仙(藤山直美)に注文し、弥次郎兵衛が食べ始める。“う~ん、乙な味だねぇ”と舌鼓をうっている……。弥次郎兵衛は、死んだはずの女房と息子が居る長屋で、目が覚める。やがて、その二人の姿は消えてしまった。ちょっと、ホロリとさせる場面である。そこで、弥次郎兵衛は正気に返ったが、首から上だけ出して土中に埋められている。“土の中に埋めれば、毒が抜ける”といわれた喜多八は、無事生還した弥次郎兵衛を見て、すっかり嬉しくなってしまった。目の前には喜多八が泣いていたのである。

 珍道中も、はや大詰め。弥次郎兵衛と喜多八にお喜乃が加わってハッピー・エンドとなり、また江戸へ戻っていくのであった……。

Web

_10_6_4_8Yaji_kita_jacket    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あゝ陸軍 -隼戦闘隊-」

1969_2new 1969年(100分)・日本/大映(戦争)
お薦め度: ★★★★ gawk
監督: 村山三男
出演: 佐藤允 (加藤健夫) 藤村志保 (加藤加寿子) 本郷功次郎 (安藤少尉) 宇津井健 (三宅少佐) 見明凡太朗 (歩兵総隊長) 北城寿太郎 (参謀) 島田正吾  石山健二郎  藤田進  峰岸隆之介  露口茂  長谷川明男  藤巻潤  南美川洋子  平井岐代子

 加藤隼戦闘隊の隊長・加藤健夫中佐の半生を描いた戦記ドラマ。

1942 北海道上川郡東旭川村出身。帝国陸軍飛行第64戦隊(通称:加藤隼戦闘隊)隊長。日中戦争を経て、太平洋戦争南方戦線に参戦。ベンガル湾上空にて戦死。

 1942年(昭和17年)5月22日、ベンガル湾上空でイギリス軍のブレニム爆撃機を追撃、撃墜したが、その時にブレニムの尾部銃座により被弾し、自領への帰還は困難と悟り、海面に突入し自爆戦死した。

 1903年9月28日、北海道上川郡にて屯田兵として京都から北海道に入植した父鉄蔵、母キミとの間に加藤家の末子(兄農夫也、姉貞)として誕生する。後に父は日露戦争に陸軍軍曹として従軍、奉天会戦にて戦死するも金鵄勲章を受勲し陸軍曹長となった。兄農夫也は陸軍士官学校を優等で卒業した逸材だったが、建夫が陸軍軍人だった父兄に倣い入校していた陸軍幼年学校生徒の時に、流行性感冒で早逝(陸軍砲工学校在学中の砲兵少尉)する。幼くして父親を亡くした妹弟の為、特に家族思いだった優しき兄を亡くした事に建夫は酷く落ち込むが、幼年学校の生徒監の支えもあり大きく持ち直し、また後の自身の人格を深く形成する事となった。(Wikiペディア参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あゝ予科練」

1968_2new 1968年(111分)・日本/東映(戦争)
お薦め度: ★★★★
監督: 村山新治
出演: 鶴田浩二  梅宮辰夫  千葉真一  谷隼人  太田博之

『あゝ同期の桜』の須崎勝弥が脚本、村山新治監督による東映戦記シリーズの第3弾。

 米軍物量作戦の前に苦戦を強いられている日本海軍。7つボタンに身を包んだ新入隊員たちは早速訓練に参加。耐え切れずに自殺者が出るほどの過酷な訓練に揉まれていく。

 敗戦間近の広島県江田島。予科飛行学校を舞台に繰り広げられる猛訓練と、特攻作戦による“虚しい抗い”を綴った作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あゝ同期の桜」

1967new 1967年(107分)・日本/東映(戦争)
お薦め度: ★★★★
監督: 中島貞夫
出演: 鶴田浩二  高倉健  松方弘樹  千葉真一  佐久間良子他

 毎日新聞社刊の海軍飛行予備学生十四期会編を、中島貞夫監督が映画化。全国のおよそ10万人の学徒たちが学業を捨て、軍人として送られた昭和18年を舞台に、海軍二等兵として舞鶴海兵団に入団した若者たちの戦争に対するそれぞれの想い、友情を描く。

 千葉真一と松方弘樹は、今では考えられないほど若く、稚拙な感じがします。“やくざ”路線で成功しちゃいましたから、どうもそういうイメージで見てしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あヽ零戦」

1965new 1965年(87分)・日本/大映(戦争)
お薦め度: ★★★★ wink
監督: 村山三男
出演: 本郷功次郎  長谷川明男  成田三樹夫  青山良彦  二木てるみ  小柳徹  早川雄三  根上淳  大橋一元  蛍雪太朗

 日本海軍の戦闘機「零戦」の活躍を軸に、青年兵士の友情と死を描いた戦記映画。特撮・築地米三郎による空中戦は見応え充分な作品。

 東宝映画製作の「零戦燃ゆ」という作品もありましたね。主演は加山雄三でしたが、こちらは“零戦の開発”期に主眼を置いたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あゝ決戦航空隊」

1974new1974年(199分)・日本/東映(戦争)
お薦め度: ★★★★☆ weep
監督: 山下耕作
出演: 鶴田浩二  北大路欣也  小林旭  松方弘樹  渡瀬恒彦他

 太平洋戦争を舞台に、神風特別攻撃隊の嚆矢となった作戦を描く長編戦記スペクタクル。

 まさに長編!199分ですから。戦記物が好きな方にはお薦めの作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「人間魚雷 -あゝ回天特別攻撃隊-」

1968new 1968年(104分)・日本/東映(戦争)
お薦め度: ★★★★☆
監督: 小沢茂弘
出演: 鶴田浩二  松方弘樹  伊丹十三  梅宮辰夫  山田太郎他

「あゝ同期の桜」姉妹篇。毎日新聞社による「人間魚雷回天特別攻撃隊員の手記」を、小沢茂弘監督が映画化。

 特殊潜航艇甲標的の基地に赴任した三島は、同室の大里が敗色が強い戦法を打開するため、魚雷に人間が乗り込んで敵艦に体当りするという構想を描いていることを知る。

 戦争映画、とくに日本映画を何本か見ていくと、“どんより暗い”というイメージが払拭できません。特攻と冠した作品は特にそういう感じがしますね。“時代背景”といってしまえばそれまでですが、一つしかない人間の命を軽視しています。人類と“戦”とは切り離せないのでしょうか? もっとも、“自由”という事も履き違えている者も多いようですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あゝ海軍」

1969new 1969年(121分)・日本/大映(戦争)
お薦め度: ★★★★ weep
監督: 村山三男
出演: 中村吉右衛門 (平田一郎) 峰岸隆之介 (本多勇) 宇津井健 (岡野大尉) 本郷功次郎 (荒木中尉) 中条静夫 (参謀) 成田三樹夫  藤巻潤  露口茂  長谷川明男  平泉征  酒井修  菅原謙次

 太平洋戦争を舞台背景に、海軍兵学校に学ぶ青年がやがて将校として戦争に参加していくまでを描いた戦記映画。ラストシーンが泣かせます。

 若い中村吉右衛門が見られます。当然と言えば当然ですね。峰岸徹が改名前の峰岸隆之介で出演していますし、成田三樹夫、平泉征など、必ず悪役で出てますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あゝ!一軒家プロレス」

2004_2new 2004年(100分)・日本(コメディ)
お薦め度: ★★★★ happy01
監督: 久保直樹
出演: 橋本真也 (獅子王耕太)  ソニン (石塚那美)  粟田麗 (獅子王麻美)  片桐仁 (織田(ラーメンズ)) 水道橋博士 (竹中医師(浅草キッド)) 玉袋筋太郎 (獅子王邸現場監督(浅草キッド)) ニコラス・ペタス (マーク一条)  柳浩太郎 (徹)  菅田俊 (安藤)  佐野史郎 (山路直人)

 高橋がなり率いるアダルトビデオ業界の最大手ソフト・オン・デマンドが初の一般映画制作に乗り出すべく、5億円を投じて撮り上げた異色作。主演は現役プロレスラー橋本真也。共演はこれが映画初出演となる人気アーティストのソニン。また、高橋がなりの師匠テリー伊藤が原案と総合演出で強力バックアップ。

 テレビ番組から話題となり、人気プロレス団体に成長した“ZERO”の看板レスラー、獅子王耕太。彼は愛する妻・麻美のためついに念願の一軒家を建て、この日、その豪邸で新築完成パーティが盛大に行なわれていた。パーティにはマネージャーで義妹の那美、TV局プロデューサー山路らに加え、獅子王と因縁深い一条もやって来る。やがて一条と若手レスラーの小競り合いが、獅子王も巻き込んだ大乱闘に発展、夢のマイホームが一瞬のうちに崩れ去ってしまうのだった。麻美の長年の夢だったマイホームを再建するため奔走する獅子王だったが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)