« 鬼平犯科帳 '69 第二十九話 | トップページ | 鬼平犯科帳 '69 第三十一話 »

鬼平犯科帳 '69 第三十話

盗法秘伝

30監督: 渡邊祐介 脚本: 井手雅人・永井素夫 原作: 池波正太郎(文藝春秋社刊・オール読物連載)

出演: 松本幸四郎 (長谷川平蔵) 古今亭志ん朝 (木村忠吾)

ゲスト: 花沢徳衛 (伊砂の善八) 佐々木孝丸 (米倉半四郎) 須藤健 (鬼頭監物) 永井柳太郎 (升屋市五郎) 北川めぐみ (おもよ) 住吉正博 (弥吉) 池田生二 (古田求馬) 稲葉まつ子 (妻) 水沢摩耶 (おかね) 島田太郎 (役人) 江梨ひとみ (女郎) 伊東芳子 (女郎)

Photo【ものがたり】 平蔵は、御公儀に浜松への旅行を願い出た。平蔵が放蕩無頼の限りを尽くした若者の頃、陰に日向に庇ってくれた伯母の七年忌の法要の為である。その旅の帰りに、平蔵が遭遇した奇妙な事件は、鬼平犯科帳にも正式な記録がない。

 平蔵は、気まぐれに「たまには身分も役目も忘れてみたいのさ……」と髷も町人風に結い直し、道中絵師の様な格好でいた。供は木村忠吾である。江戸に着く間、“講釈師”見川泰山(みかわたいざん)と名乗り、忠吾と別れて一人旅を楽しみたいと暢気なことを言っている。

Photo_2 渡しを降りた時、“喧嘩だ、喧嘩だ!”という叫び声に、その方角を見ると堅気の夫婦連れを五人組のヤクザの一団が追っていた。女連れでは逃げ切れず、周りを囲まれてしまい、男は殴る蹴ると散々な目に遭っている。そこへ助け船を出した平蔵は、ヤクザを物の見事に蹴散らしてしまった。それを陰から見ていた商人風の老人が“大したもんだ”と見惚れていた。騒ぎも一段落すると、宿役人がやって来て男女を捕縛するという。年期奉公を足抜きし、行きがけの駄賃に主人の金を三両盗んだ咎(とが)だと役人は言った。それを聞き、平蔵はこの一件に目を瞑ることにした。

Photo_3 先程、物陰から見ていた老人が、平蔵の脇にやって来て、「あっしは、善八(花沢徳衛)ってもんですがね……」と気安く声を掛けてきた。さっきの女は、遠州・金谷の酒問屋、升屋市五郎の奉公人である、と告げた。だが、この升屋市五郎は評判の悪である、とも告げた。酒問屋のついでに、金貸し、女郎屋も営んでいるのだという。しかも、宿役人と組んで大井川の跳ね賃を横領しているのだと、とんでもない事まで知っていたのである。おしゃべりな善八に、うんざりPhoto_4Photo_9している平蔵は善八を振り切って旅籠“橋善”へ入った。てっきり善八を振り切ったと思っていた平蔵の前に、人懐っこい顔でまたしても現れたのである、しかも部屋は隣りと念が入っている。こうして善八に気に入られてしまった平蔵は、老盗人“伊砂の善八”による“盗法秘伝”を伝授されることになる。

Photo_5Photo_10 升屋市五郎が黒幕の賭場で弥吉(住吉正博)は、いかさま博奕で負けて五両の借金を作ってしまった。それが三十両にまで膨らんでしまい女房のおもよ(北川めぐみ)を借金の形に升屋へ年期奉公に取られ、あげく妾にするという。宿役人の鬼頭監物(須藤健)の屋敷で、先日のヤクザ者を発見した平蔵は、ただならぬ物を感じていた。升屋の向かいにある旅籠“山形屋”を宿とし、すべての悪をあぶり出すことに決めた。弥吉の女房おもよは、宿外れの宝生寺裏に監禁されているらしかった。その夜、平蔵は単身おもよ救出に向かい、難なく助け出して二人を逃がしてやる。そうこうする中、大井川が川止めになった。升屋の息がかかった宿役人によって、虱潰しに宿検めが開始されたのである。

Photo_7Jpg 伊砂の善八に入門した長谷川平蔵は、ついに初仕事に出かけた。先は、升屋市五郎宅である。女を充てがわれ酔い呆けて寝ている鬼頭監物や升屋市五郎、その女房を尻目に金蔵から千両箱一つを頂戴し、難なく成功した。その夜、宿泊先の旅籠“高砂屋”で善八は平蔵に成功報酬として五十両を渡す。そこへ鬼頭監物ら宿場役人が善八、平蔵を召し捕りにやって来た。が、平蔵からの報により高砂屋に駿府代官・米倉半四郎(佐々木孝丸)らも駆けつけ、鬼頭監物は逆に捕縛された。

Photo_8Jpg_2 その場を逃亡した善八は翌朝、隠した盗み金を掘り出していた。が、箱の中身は空になっていた。平蔵は善八が風呂に入っている隙に肌身離さず首へ掛けていた守り袋の中を盗み見て、金の隠し場所を知っていたのであった。金が無くなって落胆している善八に、背後から優しく平蔵はそれまでの経緯を伝え、五十両の金を渡して「これを元手に地道に小商いでもしろ。今度逢ったらそれまでと思えよ」と言い、木村忠吾を伴い去っていく。その後ろ姿を拝み手で見送る善八であった。

|

« 鬼平犯科帳 '69 第二十九話 | トップページ | 鬼平犯科帳 '69 第三十一話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172527/56369528

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼平犯科帳 '69 第三十話:

» これくらい 知ってるよね? [格安 無料 情報]
これくらい知ってるよね?何と!格安 無料 情報 [続きを読む]

受信: 2012年12月22日 (土) 16時31分

« 鬼平犯科帳 '69 第二十九話 | トップページ | 鬼平犯科帳 '69 第三十一話 »