« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

「雲南の花嫁 / HUAYAO BRIDE IN SHANGRILA」

2005new 2005年(中国)・ドラマ/コメディ・92分
お勧め度: ★★★★★ happy01
監督: チアン・チアルイ
出演:  チャン・チンチュー (フォンメイ)  イン・シャオティエン (アーロン)

 今回のお勧め映画は、中国・福建省周辺の少数民族イ族の風習をテーマにしたラブ・コメディです。

 【解説】  結婚後、3年間は同居を禁ず。そんな民族独自の伝統に縛られることなく、夫を愛するあまり、珍騒動を巻き起こす花嫁を愛らしい魅力満点に綴った、中国発のラブ・コメディ。

_4  広大な国土を有する中国には数多くの少数民族が存在するが、中国南西部に位置する雲南省には、25もの少数民族が暮らすとされている。その中の一つ、イ族の結婚にまつわる、ある“しきたり”をモチーフに、結婚したばかりの若い夫婦が「愛する人といつも一緒にいたい」という健気な思いと規律の狭間で悩み、やがて愛を再確認するまでを描く心温まるラブストーリー。『孔雀 我が家の風景』で映画デビュー後、『ラッシュアワー3』『セブンソード』にも出演している若手演技派女優、チャン・チンチューのキュートな魅力が最大の見どころ。雲南の大自然の中で、色鮮やかなな民族衣装に身を包み、華麗な龍舞や民謡を披露している。

Photo159821  【ものがたり】 中国、雲南省。幼い頃母親を亡くし、男手ひとつで育てられた男勝りで、自由奔放なイ族の娘・フォンメイ(チャン・チンチュー)は、幼なじみの誠実な青年アーロン(イン・シャオティエン)と結婚する。イ族の夫婦には、結婚後、3年間は同居してはならない、というしきたりがある。伝統の龍舞を継承する家の息子であるアーロンは、村の代表として大会に出場する娘龍舞隊の指導を村長から頼まれる。早速コーチを始めたアーロンのもとにフォンメイがやってきて、龍舞隊に入りたいと直訴するのだが……。

B2198  アーロンは、同郷で幼馴染みの青年実業家とフォンメイが必要以上に接近しているのではないかと邪推し、結婚の印であるベルトをフォンメイに投げ帰してしまう。自暴自棄になったフォンメイは実家に帰るが、絶食してしまった。アーロンの父と村長の二人がフォンメイの実家を訪れ、龍舞の全国大会出場の重要メンバーを連れ戻し、アーロンとも仲直りをさせようと奔走する。二人の努力は実り、アーロンとフォンメイは元の鞘に納まり、龍舞の大会は見事優勝する。

_32007_12_29_xuruoxuan_03  【あとがき】 比較的最近の女優さん、チャン・チンチューは、『セブンソード』というアクション映画に出演していました。SFXをふんだんに使ったスケールの大きい作品でした。また、台湾出身のタレント、ビビアン・スーに良く似た顔立ちの女優さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »