« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

「スティック・イット!/ STICK IT」

20062006年・アメリカ/ドイツ(ディズニー)・スポーツ・105分 new

お薦め度: ★★★★☆ happy01

監督: ジェシカ・ベンディンガー

出演: ジェフ・ブリッジス (バート・ヴィッカーマン) ミッシー・ペリグリム (ヘイリー・グラハム) ヴァネッサ・レンジーズ (ジョアン・チャリス) ジョン・グライス (ブライス・グラハム) ジア・カリデス (アリス・グラハム) ニッキー・スーフー (ウェイウェイ) マディー・カーレー (ミーナ) ジョン・パトリック・アメドリ スヴェトラーナ・エフレモーヴァ ポリー・ホリデイ ジュリー・ワーナー テリー・J・ヴォーン ジョン・カペロス アニー・コーレイ ケラン・ラッツ

 本作品は、ウォルト・ディズニー発の「スポーツ(体操)根性ドラマ」ですが、“体操”というのがミソです。非常にめずらしい題材だと思います。

_6  全米大ヒット映画「チアーズ!」の脚本家が“体操”の世界を描いた快活な青春ドラマ。かつてはトップの体操選手であった17歳の少女が、全米代表の座をかけた競技の舞台に挑むまでの再生の物語。彼女が重い足取りで向かった先は、伝説の名コーチと体操のエリートが厳しい練習を重ねるヴィッカーマン体操アカデミーだった……。トップ選手として活躍しながらプレッシャーに負け、全てを投げ出してしいた元天才体操少女が、厳しい特訓を経て再び全米の頂点を目指す姿を描いたスポ根青春コメディ。

2006_2_4_2  17歳のヘイリー(M・パーグリム)は、体操選手として将来を嘱望されていたが、当時ジュニア体操選手権決勝という大舞台の直前に逃げ出し、以来体操から離れ、不良仲間たちとスケートボードでのスリルに明け暮れる無軌道な日々を送っていた。反抗心の強いヘイリーはある日、建設中の住宅を壊してしまった仲間の罪をかぶり、少年院に行くか、厳しい訓練で有名な「ヴィッカーマン体操アカデミー」での練習に参加するかどちらかを選べと、度が過ぎた行動に対し社会奉仕活動を命じられる。その活動先“ヴィッカーマン体操アカデミー”で名コーチのバート(J・ブリッジス)のもと、体操のエリートたちが厳しい練習に励んでいるのだった。はじめは、過去の失態を知る選手たちから冷たい視線を受けるが、持ち前の体操センスを発揮して次第にみんなと通じ合っていくヘイリー。こうして、再び全米代表の座を勝ち取るチャンスが巡ってくるのだが……。

_5  それにしても、床運動、段違い平行棒、平均台、跳馬など。キレの鋭い演技を見せてくれます。まるでオリンピックの演技を見ているようです。以前、「俺たち、フィギュア・スケーター」という作品を見た時も、“ゲッ!”っと愕きましたが、この作品も凄いですよ。主人公のM・パーグリムは、身長171cmということですが、肩幅が広いせいでしょうか、もっと大きく見えます。スタントを使っているのか、本人達がどこまで演技しているのかは不明ですが、上手く撮っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「カラミティ・ジェーン / Calamity Jane」

19541953年・アメリカ(WB)・西部劇・103分 new

お薦め度: ★★★★★ happy01

監督: デヴィッド・バトラー (David Butler)

出演: ドリス・デイ (Doris Day)  ハワード・キール (Howard Keel)  アリン・マクレーリー  フィリップ・ケリー (Philip Carey)  ゲイル・ロビンス (Gale Robbins)  ディック・ウェッソン  ポール・ハーヴェイ (Paul Harvey)

 あまり見ないミュージカル仕立ての作品ですが、ドリス・デイ主演、西部劇という事で鑑賞した作品です。また、この作品を見た当時は「彼女は二丁拳銃」、「アニーよ銃をとれ」などの女性ガンマン(?)の西部劇にハマっていたようです……。

_4  ドリス・デイ主演のミュージカル・ウェスタン。D・デイにあまりミュージカルの傑作がないのは、彼女が最初ワーナーの専属だったことにある。そのほとんどが未公開だが、これといって顧みられるものがない。たまたま輸入された本作やその3年前の「二人でお茶を」もミュージカルとしてはあまりに鈍く、華やかさに欠ける。彼女の才能が開花するのは「知りすぎていた男」以降のシリアスな役もこなすコメディエンヌとしてからで、実際、例外的な佳作「パジャマゲーム」があるが、あくまで非ミュージカル路線を歩むことになる。が、いかに他愛なくあっても、彼女の甘いハスキーな唄声が聴けるだけで、この野暮ったいワーナー版「アニーよ銃をとれ」にも満足はゆくはず。また、性差を超えた中性的な役柄というのも彼女がその後得意とする所である。

_2  「二人でお茶を」のドリス・デイが主演する色彩ミュージカル。「勇魂よ永遠に」のウィリアム・ジャコブスが1953年に製作した作品で、「宇宙征服」のジェームズ・オハンロンの脚本から「獅子王リチャード」のデイヴィッド・バトラーが監督に当たった。撮影は「コマンド」のウィルフリッド・M・クライン、音楽は「スタア誕生(1954)」のレイ・ハインドーフである。ドリス・デイ以下、「掠奪された七人の花嫁」のハワード・キール、「謎のモルグ街」のアリン・アン・マクレリー、「長い灰色の線」のフィリップ・ケイリー、「フェザー河の襲撃」のディック・ウェッソン、ポール・ハーヴェイなどが出演する。篇中歌われる歌曲は “The Deadwood Stage” “Secret Love”(アカデミー歌曲賞受賞) “Just Blew in from the Windy City” “A Woman's Touch” “Higher Than a Hawk” “Black Hills of Dakota” など。
                          
1953_2   男勝りの拳銃使いジェーンがワイルド・ビル・ヒコックに恋をし、女らしさを滲ませてゆく所が絶妙です。しっとりと唄われる主題歌“シークレット・ラブ”はその年のオスカーを得た曲でした。

_5  西部の田舎町デッドウッドに住む男勝りのカウ・ガール、カラミティ・ジェーンは、町の男達が心待ちにしていたショーガールに酒場の劇場に出演して貰おうとにシカゴまで探しに行く。シカゴで出会ったケティを人気女優と間違えて連れて帰ってしまい、町の男達と大喧嘩になる。未熟なダンサーのケティは、それでも何とか町に溶け込みカラミティと同居するようになる。二人はカラミティの小屋を女らしく綺麗なペイントを施し、見違えるように改装した。この時に唄うのが “A Woman's Touch”。

_3_2   少しは女らしくなったと思われたカラミティは、ケティのドレスを着て外出する。この時に唄うのが“Secret Love”(アカデミー歌曲賞受賞)。おしゃれしたものの帰りに泥濘にハマって泥だらけになってしまい、すっかり自信をなくしてしまう。以前から好意を持っていた若い少尉の気を惹きたいのだが、女らしさがまるでないため告白できないでいた。ケティの助力を得てカラミティは美しくなるのだが、少尉はケティを好きになってしまう。落ち込んだり、ケティに対してキレたり、嫉妬しながら、結局は腐れ縁のビルに好きだと言われて、最終的にはカラミティ&ビル、ケティ&少尉の二組のカップルの結婚がデッドウッドの住民皆に祝福されてハッピーエンドとなるのだった。

Calamityjane_2   1870年代、デドウッドという小さな町に、厄病神と仇名される射撃のうまいお転婆娘ジェーン(ドリス・デイ)がいた。彼女の親友ワイルド・ビル・ヒコック(ハワード・キール)は、女らしくないジェーンに対し単なる友だちとしてつき合っていた。ジェーンは内心ヒコックを愛していたが、彼が少しも反応を示さないのでギルマーティン少尉に近づいて行った。ジェーンは人気スターのアデレイド・アダムズを連れて来ると町の人に約束し、シカゴへ行ったが、アダムズの一座にいたケティ(アリン・アン・マクレリー)を本物とまちがえてしまった。かねて舞台に立ちたいと思っていたケティは、誘われるまま本物になりすまして町に乗りこんで来た。だがウソがばれ、怒った町の人たちはケティの出演する酒場を壊そうとした。ジェーンは、ケティにチャンスを与えるよう一同を説き伏せた。おどおどとしていたケティだったが、その歌と踊りは素晴らしく、その上ギルマーティン少尉が彼女にすっかり参ってしまったので事は面倒になった。しかし、ケティがジェーンに女らしく振舞うことをすすめたので、ジェーンは見違える程美しい娘になり、ヒコックも彼女を見直し、ヒコックとジェーン、ギルマーティンとケティの2組の新夫婦が出来上った。

 劇中、パーティへ行くため馬車で移動するシーンがありますが、その時にビルの隣りに座り、おしゃれをしたカラミティが “Black Hills of Dakota” を唄うところは好きな場面ですね。

200pxcalamity_jane  カラミティ・ジェーン(Calamity Jane, 本名マーサ・ジェーン・カナリー(Martha Jane Cannary, 1856年(または1852年)5月1日 - 1903年8月1日)はアメリカ西部開拓時代の女性ガンマン。別名平原の女王。ワイルド・ビル・ヒコックの親友として知られ、西部開拓時代における女性開拓者でありプロの斥候だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「フィールド・オブ・ドリームス / FIELDER DREAMS」

1989 1988年・アメリカ(東宝東和)・ファンタジードラマ・107分 new

お薦め度: ★★★★★ happy01

監督: フィル・アルデン・ロビンソン

原作: W・P・キンセラ

出演: ケヴィン・コスナー (レイ・キンセラ)  エイミー・マディガン (アニー・キンセラ)  ギャビー・ホフマン (カリン・キンセラ)  レイ・リオッタ (シューレス・ジョー・ジャクソン)  ティモシー・バスフィールド (マーク)  ジェームズ・アール・ジョーンズ (テレンス・マン)  バート・ランカスター (アーチボルド・グレアム) フランク・ホエーリー (アーチー・グレアム)  ドワイヤー・ブラウン (ジョン・キンセラ)  アン・セイモア  アート・ラフルー

 今日は、絶好調! 3連発です。「フィールド・オブ・ドリームス」1989年のアメリカ作品。主演のケヴィン・コスナーは、「さよならゲーム」に続いて2発目です。こちらの作品も、家族愛を描いた爽やかな感動を与えてくれます。 

Photo_5  ある日「それを作れば彼が来る」という不可解な“声”を聞いた男が、とうもろこし畑を潰して野球場を造り始める。信念に従って行動する主人公と彼を暖かく見守る家族。信じる事の尊さ、愛する人を思う事の素晴らしさをファンタジーの姿を借りて語りかける感動作で、人を愛した事のある人たち全てのための映画と言えます。俳優たちは皆鮮烈にして忘れ難く、下手をするとオカルティックになりそうな話を淡々と、それでいて詩情豊かに描き上げた演出は驚異的ですらあります。ジェームズ・ホーナーの音楽も良い。W・P・キンセラの『シューレス・ジョー』を原作とした、アメリカ映画80年代最後の傑作。

_4  夢を求めて生きるある男と彼をめぐる人々の姿を、野球をべースにして描くドラマ。W・P・キンセラの原作『シューレス・ジョー』の映画化で、エグゼクティヴ・プロデューサーはブライアン・フランキッシュ、製作はローレンス・ゴードンとチャールズ・ゴードン、監督・脚本は「ウー・ウー・キッド」のフィル・アルデン・ロビンソン、撮影はジョン・リンドレイ、音楽はジェームズ・ホーナーが担当。出演はケヴィン・コスナー、エイミー・マディガンほか。

_3_2 ある春の夕暮れ、アイオワ州のとうもろこし畑で働いていたレイ・キンセラ(ケヴィン・コスナー)は、突然「それを作れば彼が来る」という幻の声を何度も聞き、畑を潰して野球場を建てる決心をする。妻のアニー(エイミー・マディガン)は夫の思いを遂げさせようとレイを温かく見守るが、町の人々の反応は冷やかだった。

Photo Photo_6 1年が過ぎたある日、娘のカリン(ギャビィー・ホフマン)が野球場に1919年のワールド・シリーズで八百長試合のため球界を追放されたシューレス・ジョー(レイ・リオッタ)が現われたのを発見する。その日を境に、シューレス・ジョーとともに球界を追放されたシカゴ・ホワイトソックスの8人の元メンバーが次々と姿を現わした。彼ら元大リーガーたちは本当に楽しそうにプレイしていた。その時レイはまたしても「彼の苦痛を癒せ」という幻の声を聞き、彼は1960_2 年代の作家テレンス・マン(ジェームズ・アール・ジョーンズ)を訪ねて、嫌がる彼とともにシカゴヘ向かう。そしてフェンウェイ・パークPhoto_2 で野球を観戦中、レイとマンの二人だけは電光掲示板に映ったメッセージを読みとり、今度はムーンライト・グラハムという元野球選手を探すことになった。2人はミネソタ州チゾムに彼を訪ねるが、すでにグラハムは亡く、その夜レイはなぜか60年代のステッキを持ち、散歩中の医師ムーンライト・グラハム(バート・ランカスター)と出会った。

Photo_9 「彼の苦痛を癒せ」という意味が分かる。それは、父親のジョンが息子レイとの確執が解けぬまま他界してしまった過去のことであった。ある日、フィールドでは見知らぬ男がヤンキースのユニフォーム姿でプレイしている。レイは近より、握手をしながら互いに名乗り合う。その男の名は“ジョン・キンセラ”……。

Photo_10  しかしその頃アイオワでは、レイの野球場が人手に渡る危機を迎えようとしていた。アニーからそれを聞いたレイは、マンとともに帰途につくが、道中ヒッチハイク中の一人の若き野球選手(フランク・ウェイリー)を車に乗せる。その男は“アーチー・グラハム”と名乗った。実は彼こそが若き日のグラハム、その人であったのだ。アイオワに戻ったレイは、野球場売却を熱心に勧める妻の兄マーク(ティモシー・バスフィールド)と口論になる。彼は、いかにその球場がどれほど大切な物であるかが判らない。まして、元大リーガーたちがフィールドで野球に興じているなど見えないのだから、投球を始めたピッチャーズ・マウンドの間を平然と歩いていくマークには笑ってしまう……。その最中カリンが観客席の椅子から落ちて食べていた物を詰まらせてしまった。

 フィールドの縁には小石が並べてあり、そこを跨ぐと二度とグランドへは戻れない、現在と過去の境界線だったのだ。倒れたカリンを救うため、グラハムはラインを越えた。そこには若い野球選手のアーチーではなく、医師“ムーンライト"グラハムがあった。そしてその時初めて、マークにもこの土地の持つ夢の大きさを知り、売却を撤回した。そしてその夢は、限りない未来への希望で包まれてゆく……。

Photo_4Photo_3 レイの妻アニー役のエイミー・マディガンは、“知る人ぞ知る”というほどではありませんが、私の大好きな俳優エド・ハリスの奥様です。写真より実物の方がずっとチャーミングですね。勝ち気な女性の役柄を小気味よく演じます。娘役のギャビー・ホフマンも4歳の頃からCMなどに出演し、「めぐり逢えたら」、「顔のない使」などに出演、95年の「Dearフレンズ」ではデミ・ムーアの少女時代の役を好演しました。親友は同作で共演したクリスティナ・リッチということです。当時の写真が入手出来ませんでしたので、最近の美しく成長したものを掲載いたしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「オールド・ルーキー / THE ROOKIE」

2002_22002年・アメリカ・スポーツドラマ・128分 new

お薦め度: ★★★★★ happy01

監督: ジョン・リー・ハンコック

出演: デニス・クエイド  レイチェル・グリフィス  ジェイ・ヘルナンデス  ブライアン・コックス  ベス・グラント

 「オールド・ルーキー」も何度目の鑑賞だったでしょう。頑張る人は報われる!というアメリカン・ドリームですね。ディズニープロダクツの映画では比較的多いジャンルです。“事実を基にした”スポーツ感動ドラマ!

Photo_2  史上最年長ルーキーとしてメジャーリーグのマウンドに立った実在の野球選手、ジム・モリスを描いた感動作。監督は「真夜中のサバナ」などの脚本で知られるジョン・リー・ハンコック。脚本は「小説家を見つけたら」のマイク・リッチ。撮影は「パール・ハーバー」のジョン・シュワルツマン。音楽は「バーバー」のカーター・バーウェル。出演は「トラフィック」のデニス・クエイド、「シャンプー台の向こうに」のレイチェル・グリフィス、「ラブ・オブ・ザ・ゲーム」のブライアン・コックス、「ドニー・ダーコ」のベス・グラント、「ロードキラー」のジェイ・ヘルナンデス、「背信の行方」のアンガス・T・ジョーンズほか。

Photo_3  ジム・モリスはかつてマイナーリーグでプレーしていたが、肩を壊して引退し、メジャーリーガーになる夢は絶たれた。35歳になった現在では、テキサスの高校で化学を教える傍ら野球部の監督を務め、妻と3人の子供に囲まれて平穏に暮らしている。そんな彼に偶然に転機が訪れた。ある日ジムが部員を指導中、現役中にも投げたことがなかったキレのある豪速球を繰り出していることに周囲が驚き、彼自身も肩が完全に治っていることに気付く。そしてジムは部員たちに“地区大会で優勝したらプロテストを受ける”と夢を賭けることを約束する。やがてチームは優勝し、ジムは妻に内緒でテストを受けるのだが、子供を3人トラックに乗せ、入団テスト会場にやってくる。乳児のオムツを替えたり大笑わです。

Photo_4  妻のローリーは夫のジムが現役を引退した時、内心ホッとしていたのだ。プロ入りには反対だったのだが、8歳の息子ハンター(アンガス・T・ジョーンズ)が父を誇らしげに思っているのを見て、賛成するようになる。そしてマイナーリーグと契約したが、安い給料のうえ家族と離れる日々に挫けそうになるが、家族の励ましにより続行出来た。やがて彼は、メジャーリーグ“タンパベイ・デビルレイズ”の投手に昇格。地元テキサスのアーリントン・ベースボール・パークで、家族や仲間に見守られながら見事、素晴らしい球を投げる。

 メジャーでの初試合後、ロッカー・ルームから出てきたジムは、そこに父の姿を見る。子供の頃から父の転勤の度に友と別れ、大好きな野球を断念しなければならなかった辛い過去があった。老いた父にウイニング・ボールを渡すシーンは泣けますね。

Photo_5Photo_6  実在のモデル、ジム・モリスは1982年、ハイスクール卒業後アマチュア・ドラフトでヤンキースの選手に指名される。その後、ミルウォーキー・ブリュワーズとシカゴ・ホワイト・ソックス傘下のマイナーチームでプレイを続けるが、結局メジャーに昇格することなく、89年に肩の故障により選手としての道を断念。その後、テキサスのビッグ・レイクで高校の化学の教師になる。そして、彼がコーチをひきうけた高校の野球チーム“アウルズ”が地区優勝をはたした時、メジャーリーグへの夢が再びよみがえる。自分たちのチームが優勝したら、プロの入団テストを受ける約束を生徒たちとかわしてしまったからだ。約束を守り1999年に入団テストを受けたモリスは、156キロから158キロというプロの選手としても最高級の剛速球を投げてみせ、周囲を驚かせる。こうして、35歳で再びPhotoプロの選手とな_3り、ダブルA(オーランド)、トリプルA(ダ-ラム)といったマイナーリーグを経て、95年に結成されたばかりの新興メジャー球団、タンパベイ・デビルレイズとメジャー契約を交わす。初登板となった99年9月18日。テキサス・レンジャーズとの試合にのぞむが、メジャーリーグに8シーズン在籍し、オールスターにも選ばれたこともあるレンジャーズの強打者、ロイス・クレイトンを相手に、モリスは見事、三振をとってみせた。彼の鮮烈なデビューは、過去40年間のメジャーリーグ界の歴史でも最年長のルーキーとして話題を呼び、「スポーツ・イラストレイテッド」や「ロサンゼルス・タイムズ」などのメディアで華々しく掲載された。

Web

_2_4 

2002_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「さよならゲーム / BULL DUHAM」

19881988年・アメリカ(Ori=WB)・スポーツドラマ・107分 new

お薦め度: ★★★★★ happy01

監督: ロン・シェルトン

出演: ケビン・コスナー  スーザン・サランドン  ティム・ロビンス  ロバート・ウール  デビッド・ニードロフ  トレイ ウィルソン

 ずいぶんと以前に観た作品です。最近、J:COMを導入して新作よりも旧作の映画を見ています。「さよならゲーム」、「オールド・ルーキー」、「フィールド・オブ・ドリームス」など、野球選手を題材にした映画を立て続けに見ました。まずは、「さよならゲーム」からご紹介しましよう。

Photo  ロートルのマイナー・リーグのキャッチャーと、彼を追いかける女性の恋のやりとりを中心に、“二流”の人生を送る男たちの哀感を見事に描いた傑作。人生を野球にたとえ、その中でアメリカ人の哲学を掘り下げていくという手法が素晴らしいです。ほぼ同時期に製作された「メジャーリーグ」とよく比較されますが、あちらはドタバタ・コメディだし、この作品の方が数段上の出来映えです。

_2  マイナー・リーグを舞台にベテランと新鋭選手、そしてファンの女性の三角関係を描く。エグゼクティヴ・プロデユーサーはデイヴィッド・V・レスター、製作はトム・マウントとマーク・バーグ、脚本・監督はロン・シェルトン、撮影はボビー・バーン、美術はアーミン・ガンツ、音楽はマイケル・コンヴァーティノが担当。出演はケヴィン・コスナー、スーザン・サランドンほか。

_4  アトランタ・ブレーブスの3A“ダラハム・ブルス"は万年Bクラス。このチームの熱狂的なファンの英語教師アニー(スーザン・サランドン)は毎年、有望な選手を選び公私共に世話を見るのを生きがいとしている。そんな彼女が今年目をつけたのはクラッシュ・デイヴィス(ケヴィン・コスナー)。彼は盛りを過ぎたキャリア12年の捕手だが、彼が雇われたのは、150キロの速球を投げられるもののノーコンの新人投手カルヴィン(ティム・ロビンス)の教育係としてだった。クラッシュはアニーの申し出を断り、カルヴィンに譲った。クラッシュのコーチが成功してカルヴィンは絶好調、連勝街道を驀進した。一方でクラッシュはアニーへの想いが募ってきたため、カルヴィンにこの調子を持続させたいならアニーと寝るなと命令。アニー、カルヴィンの欲求不満をよそにチームは勝ち続けていった。やがてカルヴィンは念願の大リーグ入りを果たし、2人に礼を言って町を去っていく。役目が終わり解雇されたクラッシュと残されたアニーは自然にお互いを求めあうのだった。

 この作品で共演したティム・ロビンスとスーザン・サランドンは、結婚はしないものの、2人の間には子供が2人います。恋多き女性ですが、結婚はうんざりなのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「交渉人 / THE NEGOTIATOR」

19981998年(アメリカ / WB)・アクション・139分 new coldsweats02

お薦め度: ★★★★★

監督: F.ゲイリー・グレイ

出演: サミュエル・L・ジャクソン(ダニー・ローマン) ケビン・スペイシー(クリス・セイビアン) J T ウォルシュ(テレンス・ニーバウム)  デヴィッド・モース(アダム・ベック隊長)  ロン・リフキン(グラント・フロスト)  ジョン・スペンサー(トラヴィス署長)

 久々の更新です。紹介作品は私も大好きで何度も観返している「交渉人  / THE NEGOTIATOR」です。スリリングでスピード感があって、出演者も素晴らしい俳優さんたちが勢揃いです。

 最初から最後まで、息も抜けない展開ですし、最後の大どんでん返しまで楽しめること請け合いのサスペンス・アクションです。

_5  人質交渉人(ネゴシエーター)のふたりの男が、人質犯と彼に指名された交渉人という立場で対峙するサスペンス・アクション。「ジャック」のジェームズ・デ・モナコとケヴィン・フォックスのオリジナル脚本を、「セット・イット・オフ」のF・ゲーリー・グレイが監督。製作は「ジャングル・ジョージ」のデイヴィッド・ホーバーマンと「L.A.コンフィデンシャル」のアーノン・ミルチャン、製作総指揮は「チカチーロ」のロバート・ストーンとウェブスター・ストーン、「フラバー」のデイヴィッド・ニックセイ。撮影は「タイタニック」のラッ_10_2 セル・カーペンター、音楽は「チャイニーズ・ボックス」のグレアム・レヴェル、美術は「ブロークン・アロー」のホルガー・グロス、編集は「フェイス/オフ」の、クリスチャン・ワグナー、衣裳はフランシーヌ・ジェイミソン=タンチャック。主演は「スフィア」のサミュエル・L・ジャクソンと「真夜中のサバナ」のケヴィン・スペイシー。共演は「コンタクト」のデイヴィッド・モース、「L.A.コンフィデンシャル」のロン・リフキン、「コップランド」のジョン・スペンサー、「戦火の勇気」のレジーナ・テイラー、そして本作が遺作となった「ブレーキ・ダウン」のJ・T・ウォルシュほか。

_11Swat  ダニー・ローマンは、シカゴ警察東地区で抜群の腕を持つ人質事件の交渉人。だが年金にからむ汚職と殺人の濡れ衣を着せられたローマンは、内務捜査局のオフィスに乗り込んだ挙句、内部捜査局のニーバウム警視を人質に篭城してしまう。これまでの経験から人質篭城に関してノウハウを知っているローマンは、西地区の凄腕交渉人クリス・セイビアンを窓口役として逆指名する。ローマンの要求はただひとつ、真犯人を探し出せということだった。

_3_7_2   シカゴ警察のトップ人質交渉人ローマン(サミュエル・L・ジャクソン)は、相棒のネイサン(ポール・ギルフォイル)から警察の年金基金が何者かに盗まれ、内務捜査局の人間が関わっているらしいと聞かされる。呼び出された約束の場所に行くと、ネイサンは頭を打ち抜かれ殺されていた。殺人現場となった池の縁に駐車していた車中のネイサンの死体を_9_3 呆然と見つめていたローマンは、駆けつけた(タイミング良すぎる)警察官に現行犯逮捕されてしまう。殺人と横領の濡れ衣を着せられたまま、起訴された彼は、ネイサンの妻に“あなたを絶対許さない”と罵倒され、愛する妻カレン(レジーナ・テイラー)との“幸せと生きる権利”を取り戻すため最後の手段に出る。

_12_6   連邦政府ビルの20階にある内務局に赴いたローマンは、内部捜査局のオフィスに居合わせたタレ込み屋のルーデイ(ポール・ジャマッティ)、ニーバウムの秘書マギー(シオバーン・ファロン)、凶行を止めようとやって来た同僚のフロスト(ロン・リフキン)と共に内部調査局のニーバウム警視(J・T・ウォルシュ)を人質にして立て籠もる。警察内部に年金横領犯がいると睨んだ彼は、西地区のトップ交渉人セイビアン(ケヴィン・スペイシー)を指名するという大博打にPhoto _2 出た。ローマンはトラヴィス署長(ジョン・スペンサー)や SWAT 隊長のベック(デイヴィッド・モース)に、真犯人と内偵者を探さないと人質を順に殺すと挑発。セイビアンも次々と手を打ち、トップ交渉人同士の知力と頭脳の限りを尽くした駆け引きが続けられた。だが、鍵を握ると思われるニーバウムが強行突破を試みるSWAT隊員の発砲によって証拠隠滅のため殺されてしまった。警察と FBI はセイビアンから指揮権を剥奪し、解任してしまう。事件は闇から闇へ葬られるかと思わせられるが……。

_8_4   ローマンの必死の叫び、自分以外の人間の命令で勝手に動くSWAT隊員たちの不可解な行動に無関心ではいられなくなったセイビアンは、ビルの内部に潜入して彼と対面する。ふたりはニーバウムのデータを洗うが、横領の証拠は消されていた。セイビアンとローマンはビルから抜け出し、データのコピーが残されているニーバウムの家に急ぐ。だが、自宅のコンピュータからも証拠は発見できなかった。やがてふたりの前にフロストを主犯とする年金横領犯のSWAT隊員たちが現れた。横領の黒幕は彼だった。セイビアンはローマンにいきなり発砲する。崩れ落ちたローマンを尻目に、セイビアンは手にしている2枚のフロッピー・ディスクをフロストに見せ、証拠の値段交渉を始めるのだった。

Photo_2Photo_3   このシーンでは、“えっ!嘘~!!”と、すっかり騙されてしまいます。が、このフロッピー・ディスクは、咄嗟にセイビアンがフロストに仕掛けた大博打。まんまとその手に乗り、取り戻した証拠の品を握りつぶしたフロスト……。そこへ大勢の警察官たちも駆けつけて来た。何食わぬ体で玄関から出てきたフロストの後ろには、死んだと思われたローマンが出血する脇腹を押さえ、必死の形相で立っている。唖然とするのは、もはやこれまでと観念したフロスト。拳銃自殺を試みるが阻止され、ベックに“簡単には死なせない!”と……。ローマンの潔白は証明された。

 凄いストーリー展開です。目が離せません! この作品、鑑賞前に是非トイレを済ませてから観てください。happy01 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »