« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年8月

「奇跡の歌 / LOOKING FOR AN ECHO」

19981998年・アメリカ(ドラマ)・98分 new

お薦め度: ★★★★★ happy01

監督: マーティン・デイヴィッドソン

出演: アーマンド・アサンテ(ヴィンス) ダイアン・ヴェノーラ(ジョアン) ジョー・グリファシー(ヴィック) エドアルド・バレリーニ(アンソニー) クリスティ・カールソン・ロマーノ(ティナ) デヴィッド・ヴァディム(トミー) モニカ・トロンベッタ(フランシーヌ) パズ・デ・ラ・ウェルタ(ニコル) トム・メイソン(オーガスタ) トニー・デニソン(レイ) ジョニー・ウィリアムス(フィル) 

 アカペラ・コーラスの代表的ジャンルのひとつで、50年代に黒人のストリート音楽として誕生した“ドゥ・ワップ"。その音色に乗せて、挫折したひとりの男の再生を描く人間ドラマ。

 60年代、美しいアカペラの歌声でアメリカを席巻した伝説のドゥ・ワップ・グループ“ヴィニー&ザ・ドリーマーズ"のリード・ヴォーカル、ヴィンスもいまや50歳。十数年前に妻を亡くした彼は、元メンバーの経営する店の現在はしがないバーテンダーをしていた。入院している娘の担当看護婦ジョアンと出会ったヴィンスは、たちまち彼女と恋に落ちる。しかもジョアンは、“ヴィニー&ザ・ドリーマーズ"の往年の大ファンだったのだ。なぜ歌わないのかとのジョアンの問いに、ヴィンスの脳裏に苦い過去が甦る。だが、旧友たちと再会した彼は、次第に歌うことへの情熱を取り戻していく……。

 長男は警官で妻帯者、孫も出来た。次男は同じミュージシャンの道を選んだ。その次男には、「思った事はやり通せ!」というのが口癖だった。しかし、 長男は「ミュージシャンなんて不安定な事を止めて、警官になれ!」と忠告する。

 末娘は、難病で入院生活を余儀なくされている。妻は、末娘を出産後にこの世を去ってしまった。……という状況下にある中年オヤジだったが、50歳の誕生日に家族や仲間がパーティを開き、往年のメンバーが集い久しぶりに懐かしいナンバーを披露するのだった。

 タイトル「奇跡の歌」というのは、何とも大袈裟な気がします。“奇跡”は起きないんですから……。ストーリーの流れはとても好きです。それと、何といっても“ドゥ・ワップ”に尽きますね。メロディアスな曲がどんどん流れて行きます。1950年代のちょっと古めのノスタルジックな感じが心地良いです。

 ダイアン・ヴェノーラという女優さん、あれ?ジェシカ・ラング?って、見間違えてしまいました。良く似た女優さんなんですね。happy01

Web

Diane_venora_joanne_delgadoArmand_assante_vince_vinnie_pirelliAnthony_john_denison_ray_nappy_napoEdoardo_ballerini_anthony_pirelli   

Looking_for_an_echo David_vadim_tommie_pirelli Christy_carlson_romano_tina_pirelli

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »